太ったりはしないの? | プレモンならあなたが悩んでいる症状を解決できるかもしれません

太ったりはしないの?

太ったりはしないの?

「太ったりはしないの?」のピクチャです。

女性ホルモンというのはいずれも女性にとっては必要不可欠な存在であり、女性ホルモンのおかげで女性らしい体を作れるようになります。
ただホルモン剤を使う際に、太ってしまうのではないかという心配をしてしまう人もいると思います。
よくいろんなところで女性ホルモンが肥満と大きく関係するといわれているのを聞いたことありませんか?
もしそれが本当であれば、プレモンを使うことで太ってしまうかもしれないとあなたも考えてしまうでしょう。
今回はその答えについて詳しく解説していきたいと思います。

まずプレモンはホルモン剤ですが、厳密にいうとプレモンであなたの体重が増えて太ってしまうようなことはありません。
だから太ってしまうかもしれないということはまったく心配する必要がないので、安心してプレモンを使ってみてほしいと思います。

ということは女性ホルモンで太るというのは嘘なのか?というと、実は嘘ではありません。
つまりどういうことなのかというと、女性ホルモンの中でも太る原因を作り出してしまうのはエストロゲンではなくプロゲステロンになります。
プロゲステロンが作用することによって水分を体内に溜め込みやすくなってしまい、そこからむくみが生じていきます。
また大腸の運動が低下してしまうので、便秘につながりお腹が大きく見えやすくなります。
さらに自律神経の働きまで鈍くなってしまうので、ダイエットをしている人はなかなかその効果を実感できなくなるでしょう。
プレモンはプロゲステロンではなくエストロゲンが主成分のホルモン剤なので、まったく太る心配をする必要がないわけです。