安全面に関する話 | プレモンならあなたが悩んでいる症状を解決できるかもしれません

安全面に関する話

安全面に関する話

「安全面に関する話」のピクチャです。

あなたには安全にプレモンを飲んでほしいと思っていますので、ここでプレモンを使うときの注意点について話していきましょう。

まず1日につき0.625mgを1錠から2錠、もしくは1.25mgを0.5から1錠を服用していきます。
毎日飲むことが重要ですが、もし飲み忘れてしまったときに1日以上経過している場合、飲み忘れ分を服用することはやめて次からしっかりと服用してほしいと思います。
プレモンは医薬品なので、飲み方を間違えると体に負担を与えてしまい副作用の原因につながってしまいます。

またプレモンを服用する際には、今からいう人だけ注意するようにしてください。
まずエストロゲン依存性腫瘍もしくはその疑いがある人は、飲むことを控えた方がいいでしょう。
エストロゲン依存性というのは、要するにエストロゲンだけが高くなってしまっている状態のことです。
たとえば子宮内膜がんや乳がんのことをエストロゲン依存性腫瘍と呼びます。
そして血栓性静脈炎や肺塞栓症がある人または過去に起こったことがある人も、プレモンを服用することはやめておくべきでしょう。
これらの病気を引き起こしている人はプレモンを飲むことによってすごく危険な状態になるおそれがあります。

ちなみにプレモンから生じる副作用にはどんなものがあるのかというと、たとえば食欲不振だったり腹痛や嘔吐、脱毛や頭痛などかなり色々な種類があります。
万が一プレモンを正しく使っても副作用が生じてしまった場合は、必ずお医者さんと相談しに行くようにしてほしいと思います。
安全に使い始めるためには、すごく重要なことです。